タイのゴルフはプロモーションと午後のスタートを狙うとかなりお得にプレイできる

タイのゴルフはプロモーションの日を狙うとかなりお得にプレイできる

 

日本と比べるとタイは格安でゴルフができるため、季節を問わず、日本からたくさんのゴルファーが訪タイします。綺麗なコースや素晴らしい設備を備えるゴルフ場であったとしても、安く楽しむことができるというのは、タイでゴルフをする最大のメリットの1つと言えるでしょう。

 

タイのゴルフ場でのプレイ代金

 

タイのゴルフ場では、料金が大きく

・グリーンフィー

・キャディーフィー

・カートフィー

・キャディーへのチップ

に分けられます。

 

グリーンフィーとは実際にプレーをするために支払う代金なので、確実に支払わなければなりません。また、タイではゴルファー1人につきキャディーさんが1人つくため、こちらも同様に絶対に払わなければならない代金です。

 

カートフィーは、カートを使う場合にのみかかる代金になるため、当然カートを使わない場合は支払う必要がないですし、中にはカート自体がないゴルフ場も存在します。しかし一方で、上述したグリーンフィー、キャディーフィーと一緒にカートフィーがセット料金となっているゴルフ場もあり、その場合は強制的にカートを利用しなければならず、カートフィーも払わなければなりません。

 

これらの3つが基本料金ということになり、まとめてプレイ前に支払うことになります。そして、既に支払っているキャディーフィーとは別に、プレイ後にはキャディーにチップを支払います。これはキャディーを使った場合に確実にかかる料金になるので、タイでゴルフをするのであれば確実にかかる費用の1つです。

 

もちろんゴルフ場によってグリーンフィーは大きく異なりますが、カートフィーは700バーツくらいから、キャディーフィーは400バーツくらいから、そしてキャディーへのチップは300バーツ前後が相場となっています。つまり、グリーンフィー以外に1500バーツ程度が必要というわけです。

 

平日と土日のグリーンフィーは大きく異なる

 

日本でも同じことが言えますが、グリーンフィーは平日よりも土日の方が明らかに高くなります。キャディーフィーやカートフィーは変わりませんが、グリーンフィーが高くなる分、総額が大きく変わってくるため、若干割高に感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただし、それでも日本と比べたら格安であることには変わりありません。日本では数万円かかるようなクオリティーのコースが総額1万円台でプレイできることもありますし、キャディーが1人のゴルファーにつき1人つくというのは費用対効果の高いサービスだと言えます。

 

しかし中には、料金を第一に考えたい、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。グリーンフィーが1000バーツ以下のゴルフ場も複数存在しますが、ゴルフ場の質を落とさずに安くプレイしたいのであれば、やはり土日祝日よりも平日に行くことをおすすめいたします。さらに、ゴルフ場が独自で行っているプロモーションを利用すれば、格安でプレイすることが可能です。

 

ゴルフ場のプロモーションとは?

 

プロモーションと聞くと、会員登録などの何か特別な手続きをしなければならないのではないか、と考える方もいらっしゃいます。しかし、基本的にはそのプロモーションが適用される日にゴルフ場に行けば、その特別価格でプレイすることが可能です。

 

そういったプロモーション適用日をスポーツデイと呼びますが、それぞれのゴルフ場が設定しているスポーツデイを狙って行けば、普通の平日の料金よりもさらに安くゴルフが楽しめるのです。もちろん平日に自由にゴルフに行けない方には利用できないサービスですが、曜日を選ばずにプレイができる観光客の方であれば、このスポーツデイを狙うのがいいでしょう。

 

スポーツデイは完全にゴルフ場の独自のプロモーションになるため、それぞれのゴルフ場で割引額や適用日などは全く異なります。

 

なお、スポーツデイはお客さんの少ない曜日に集客率を高めるために実地されるサービスになるので、土日にスポーツデイになることは基本的にはあり得ません。同様に、雨の少ない乾季にはスポーツデイを設けないようなゴルフ場も存在します。

そのため雨の多い雨季にはスポーツデイやプロモーションを実施するゴルフ場も多くはないですが、あります。

 

しかしゴルフ場によっては、午後からのスタートが安くなるゴルフ場もございます。タイのカレンダー通りに仕事をしている方であれば、長期休暇中に格安料金でゴルフができるチャンスもありますので、弊社でもゴルフ場に確認しご紹介していきますので宜しくお願い致します