タイでゴルフをするならいつの時季いいのか??

タイでゴルフをするならいつがいいのか?

 

タイは年間を通して海外からの観光客が多く、日本人も季節を問わずタイの様々な場所に足を運びます。タイはゴルフ天国としても知られているため、ゴルフを目的として訪タイされる方も少なくありません。しかし、一体どの時期にゴルフを楽しむべきなのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ゴルフのベストシーズンは日本の冬

 

タイでゴルフをしていて最も気持ちの良い時期は、間違いなく日本の冬に当たる12月~2月頃でしょう。年中暑いと言われているタイですが、この時期は他のシーズンと比べても若干気温が下がるため、気持ちよくゴルフを楽しむことができるのではないかと思います。

 

乾季になり1ヶ月に雨が数回降るかどうかという程度ですので、例えばゴルフを3日間予約していて3日とも雨というようなことは滅多にあり得ません。天気も良く風も気持ちの良い中でゴルフができるため、まさにベストシーズンと言えるのではないでしょうか。

 

しかし、いくら1年の中で涼しいシーズンだったとしても、日中暑くなるのは変わりません。雨が降らない分気温も下がりにくいため、暑さ対策は怠らないようにしましょう。さらに、この時期の日本は真冬でゴルフをするのに適していないため、場合によっては日本からゴルフをしに来る日本人だらけになるケースもあります。

 

タイでハイシーズンと呼ばれる時期は?

 

タイをはじめとする東南アジアには雨季と乾季があり、アウトドアのアクティビティーはこの時期の違いでハイシーズンとローシーズンの2つに分けられることが多いです。そして、タイのゴルフ場でハイシーズンとして分類されるのは、一般的に11月~3月までの間です。

 

ハイシーズンは雨が少ないため気持ちよくアクティビティーを楽しむことができますが、ローシーズンと比べるとプレーフィーが割高です。乾季は雨の降る可能性が極端に下がるため、ゴルフに適しているシーズンということになるのです。

 

しかし、この期間中ずっと雨が降らないということはさすがにないため、ゴルフの当日が運悪く雨天になるということも考えられます。また、単純にプレーフィーのみを見てみると、後述するローシーズンにも良さがあるため、それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

 

料金がお得なローシーズンも意外とおすすめ

 

やはり雨が降る可能性が低くなるハイシーズンの方が、ゴルフの予定も立てやすいですし気持ちよくプレーができることが多いです。しかし、一方のローシーズンでは気持ちよくゴルフができないのかと言われると、実はそんなこともありません。

 

雨季のローシーズンだからと言っても、日本の梅雨のように1日中シトシトと降り続くことは少なく、大抵は早朝や夕方にスコールと呼ばれる大雨が一時的に降るだけです。それ以外の時間帯は、基本的には雨が降らないことが多いのです。

 

また、雨は降らないが今にも振り出しそうだというような天気が続くこともあります。そういった天気の中でゴルフをするのは嫌かもしれませんが、曇っている分直射日光が当たりませんし、雨が降りそうであっても結局降らなかったというようなケースも珍しくはありません。

 

さらに、一般的には雨が降りやすいと思われることが多いため、直前であっても予約がいっぱいで空きがないというようなケースも少なくなります。例えば、朝起きたら晴れていたからゴルフ場に電話して2時間後の予約をする、というようなことも可能です。

 

例え雨が降ったとしても降らなかったとしても、ローシーズンであることには変わりありません。そのため、当然ハイシーズンと比べるとお得なローシーズン料金でゴルフを楽しむことができるのです。

 

このように、ローシーズンといってもゴルフが全くできない時期というわけではありません。むしろ、ローシーズンだと思われていることがメリットとなる部分も多いため、あえて時期を外してタイでゴルフを楽しむというのも方法の1つです。

 

避けるべき時期はある?

 

反対に、タイでゴルフをするのに避けたほうが良い時期はあるのでしょうか?基本的には1年を通してゴルフを楽しむことはできますが、あえて避けたほうが良い時期をあげるとしたら4月です。

 

4月はまだ完全に雨季に入っていない時期ですので、晴天の中ゴルフができることも多いです。ただし、1年で最も気候が高くなる時期でもあるため、さすがに1日中外でアクティビティーをするとなると体力が持ちません。

 

若い方であれば気にする必要はないかもしれませんが、暑い気候の中、常に日光にさらされるのは非常に疲れます。もし4月にゴルフをするのであれば、十分な暑さ対策と水分補給を徹底することをおすすめいたします。

 

結局おすすめの時期は?

 

色々なシーズンについて紹介してきましたが、結局最もゴルフを楽しむことができる時期はいつなのでしょうか?

 

多少値段が高くても、気持ちの良い気候の中楽しくゴルフをしたいというのであれば、12月~2月がおすすめです。例えば時間がなくこの日にしかゴルフができないという場合は、晴れる可能性の高いハイシーズンのほうが良いかもしれません。

 

しかし、長期的に滞在できてゴルフの日を選べるようなら、あえてローシーズンと呼ばれる時期に訪タイしてゴルフを楽しむのも方法の1つです。ローシーズンであれば、当日予約でも空いていることが多いため、晴れた日の朝に電話してからゴルフ場に出かけるのもフレキシブルでいいと思います。

 

 

タイでゴルフをするならいつがいいのか?

 

タイは年間を通して海外からの観光客が多く、日本人も季節を問わずタイの様々な場所に足を運びます。タイはゴルフ天国としても知られているため、ゴルフを目的として訪タイされる方も少なくありません。しかし、一体どの時期にゴルフを楽しむべきなのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ゴルフのベストシーズンは日本の冬

 

タイでゴルフをしていて最も気持ちの良い時期は、間違いなく日本の冬に当たる12月~2月頃でしょう。年中暑いと言われているタイですが、この時期は他のシーズンと比べても若干気温が下がるため、気持ちよくゴルフを楽しむことができるのではないかと思います。

 

乾季になり1ヶ月に雨が数回降るかどうかという程度ですので、例えばゴルフを3日間予約していて3日とも雨というようなことは滅多にあり得ません。天気も良く風も気持ちの良い中でゴルフができるため、まさにベストシーズンと言えるのではないでしょうか。

 

しかし、いくら1年の中で涼しいシーズンだったとしても、日中暑くなるのは変わりません。雨が降らない分気温も下がりにくいため、暑さ対策は怠らないようにしましょう。さらに、この時期の日本は真冬でゴルフをするのに適していないため、場合によっては日本からゴルフをしに来る日本人だらけになるケースもあります。

 

タイでハイシーズンと呼ばれる時期は?

 

タイをはじめとする東南アジアには雨季と乾季があり、アウトドアのアクティビティーはこの時期の違いでハイシーズンとローシーズンの2つに分けられることが多いです。そして、タイのゴルフ場でハイシーズンとして分類されるのは、一般的に11月~3月までの間です。

 

ハイシーズンは雨が少ないため気持ちよくアクティビティーを楽しむことができますが、ローシーズンと比べるとプレーフィーが割高です。乾季は雨の降る可能性が極端に下がるため、ゴルフに適しているシーズンということになるのです。

 

しかし、この期間中ずっと雨が降らないということはさすがにないため、ゴルフの当日が運悪く雨天になるということも考えられます。また、単純にプレーフィーのみを見てみると、後述するローシーズンにも良さがあるため、それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

 

料金がお得なローシーズンも意外とおすすめ

 

やはり雨が降る可能性が低くなるハイシーズンの方が、ゴルフの予定も立てやすいですし気持ちよくプレーができることが多いです。しかし、一方のローシーズンでは気持ちよくゴルフができないのかと言われると、実はそんなこともありません。

 

雨季のローシーズンだからと言っても、日本の梅雨のように1日中シトシトと降り続くことは少なく、大抵は早朝や夕方にスコールと呼ばれる大雨が一時的に降るだけです。それ以外の時間帯は、基本的には雨が降らないことが多いのです。

 

また、雨は降らないが今にも振り出しそうだというような天気が続くこともあります。そういった天気の中でゴルフをするのは嫌かもしれませんが、曇っている分直射日光が当たりませんし、雨が降りそうであっても結局降らなかったというようなケースも珍しくはありません。

 

さらに、一般的には雨が降りやすいと思われることが多いため、直前であっても予約がいっぱいで空きがないというようなケースも少なくなります。例えば、朝起きたら晴れていたからゴルフ場に電話して2時間後の予約をする、というようなことも可能です。

 

例え雨が降ったとしても降らなかったとしても、ローシーズンであることには変わりありません。そのため、当然ハイシーズンと比べるとお得なローシーズン料金でゴルフを楽しむことができるのです。

 

このように、ローシーズンといってもゴルフが全くできない時期というわけではありません。むしろ、ローシーズンだと思われていることがメリットとなる部分も多いため、あえて時期を外してタイでゴルフを楽しむというのも方法の1つです。

 

避けるべき時期はある?

 

反対に、タイでゴルフをするのに避けたほうが良い時期はあるのでしょうか?基本的には1年を通してゴルフを楽しむことはできますが、あえて避けたほうが良い時期をあげるとしたら4月です。

 

4月はまだ完全に雨季に入っていない時期ですので、晴天の中ゴルフができることも多いです。ただし、1年で最も気候が高くなる時期でもあるため、さすがに1日中外でアクティビティーをするとなると体力が持ちません。

 

若い方であれば気にする必要はないかもしれませんが、暑い気候の中、常に日光にさらされるのは非常に疲れます。もし4月にゴルフをするのであれば、十分な暑さ対策と水分補給を徹底することをおすすめいたします。

 

結局おすすめの時期は?

 

色々なシーズンについて紹介してきましたが、結局最もゴルフを楽しむことができる時期はいつなのでしょうか?

 

多少値段が高くても、気持ちの良い気候の中楽しくゴルフをしたいというのであれば、12月~2月がおすすめです。例えば時間がなくこの日にしかゴルフができないという場合は、晴れる可能性の高いハイシーズンのほうが良いかもしれません。

 

しかし、長期的に滞在できてゴルフの日を選べるようなら、あえてローシーズンと呼ばれる時期に訪タイしてゴルフを楽しむのも方法の1つです。ローシーズンであれば、当日予約でも空いていることが多いため、晴れた日の朝に電話してからゴルフ場に出かけるのもフレキシブルでいいと思います。