タイのゴルフ場送迎でバンを使うのは本当にお得なの??

タイのゴルフ場送迎でバンを使うのは本当にお得?

 

タイでゴルフをする際には、そのゴルフ場までどのような交通手段で行くのが良いのでしょうか。運転手のいる駐在員であれば、その車を利用するという方法もありますが、休日にまでドライバーを使うのは気が引けるという方も多いのではないかと思います。

 

そうなった場合、ゴルフ場までは

・自分で運転

・タクシー

・送迎バン

のいずれかの手段を利用することになります。

 

自分で運転するメリットとデメリット

 

自分の運転でゴルフ場に向かう場合は、単純にすべて自分の都合で移動できるというのが最大のメリットです。例えばゴルフ場に行く前にコンビニに寄る、ATMでお金をおろす、といったちょっとした作業であっても、タクシーに伝えるのは面倒ですし、複数人でゴルフ場に向かう送迎バンを利用する場合は気を使うこともあるかもしれません。

 

そういったメリットがある反面、自分での運転には危険も付きまといます。いくら普段から運転に慣れている方であっても、ゴルフを終えた後の長時間のドライブは非常に疲れますし、運転中にぼーっとしてしまうこともあるかもしれません。滅多にないことかもしれませんが、場合によって事故に遭ってしまう可能性もあります。

 

そんな事を言っていると、運転などできないと思われる方もいらっしゃるかもしれません。確かにその通りですが、他にもっと良い選択肢があるのであれば、それを利用したほうが効率が良くなります。

 

タクシーを利用するメリットとデメリット

 

タクシーを利用するのであれば、上述したようなデメリットは全くありません。運転で体力が奪われることもないですし、ゴルフで疲れたのであれば家につくまでぐっすりと眠ることも可能です。そのため自分で運転してゴルフ場に行くよりはメリットが大きいように感じますが、当然デメリットも多いです。

 

最大のデメリットは、タクシーをうまくつかまえることができないかもしれないという点です。ご存知の通り、タイのタクシーは乗車拒否も多いため、ゴルフ場のように遠い場所になると断られる可能性も高くなります。結果、家の前で長時間タクシーを待ったり、重いゴルフバッグを担いでタクシーの多い通りまで歩くことになってしまいます。

 

長時間タクシーが来ない可能性もあるため、場合によっては到着がティーオフ時間のギリギリになってしまうようなこともあるかもしれません。そういったリスクもあるため、結果的に早く家を出なければならなくなったりと、不便だと感じる場面も多いのがタクシーです。

 

送迎バンを使うメリットとデメリット

 

それでは、送迎バンを利用する場合はどうなのでしょうか。上記の2つと比較すると、自分で運転する必要もなく、またタクシーのように乗車拒否もなければ家の前まで来てくれるため非常に楽です。つまり、この3つの方法の中では最もメリットの大きい方法と言えます。

 

唯一のデメリットと言えば、やはりその値段が高いということでしょうか。近場のゴルフ場に行くとしても2000バーツくらいはかかるため、1人でゴルフ場に向かうことを考えるとちょっと割高で現実的ではない額です。

 

複数人の利用であればバンが断然お得

 

例えばタクシーを利用した場合、ゴルフ場までの片道が200バーツとすると、往復で400バーツしかかからないため、1人でバンを使うことは大きな出費にしかなりません。そのため、1人でゴルフ場に向かうのであれば、多少デメリットはあるもののタクシーを利用したほうが良いかもしれません。

 

しかし、そのバンを利用するのが複数人の場合は、バンを利用したほうが確実にお得です。特に4人でのラウンドを考えているのであれば、バンの利用料金を4等分することができるため、例え2000バーツだったとしても一人当たりの支出は500バーツということになり、タクシーを利用するのとそんなに大差ありません。

 

距離が遠くなると当然バンの料金も高くなりますが、それはタクシーを利用していても同じことです。むしろ、移動距離が長くなればなるほど、車内が広くて乗り心地の良いバンの方がメリットも大きくなります。

 

例えば、3人での利用となると1人当たりの負担が大きくなりますが、それでもバンにメリットがあることには変わりありません。こういったことから、複数人でゴルフをプレイするのであれば、送迎にバンを使うのがおすすめです。

サンクスでも送迎車の手配も可能ですのでよろしければ...よろしくお願いします